運転免許学科試験パーフェクト分析 デルトコ.jp
HOME
学科試験の背景
教材のご紹介
教習生・利用者のメッセージ
教材の購入 お問い合わせ
団体のご紹介 速報!緊急ゼミ デルトコ.jp 携帯ウェブサイトデルトコ.jp 免許更新・学科試験・全国運転免許試験所デルトコ.jp 自動車免許ヘルプ&スタート

自動車運転免許 学科試験 問題集 参考書 教習所 自動車学校 運転免許試験場 自動車

デルトコ スペーサー
Home > 学科試験の背景
デルトコ スペーサー
  学科試験の背景
学科試験の背景 イメージ あなたは先輩からこんな話を聞いたことがありますか?

知らなかったでは、手遅れになる。…学科試験の背景

現在、全国運転免許保有者は約6700万人に達し、これからも増加傾向にあります。免許取得者の高齢化が進むこともあり交通事故も増加することが予想され、これから、交通社会に入られる方にとっては、益々運転免許試験は難しくなっていくことは、必須だと考えられます。

警察は合格者を増やしたくない?

学科試験を行う警察は、交通事故を防止することを目的にし、事故を起こさない知識があるかどうかを学科試験で選別しています。少し乱暴ですが、警察は運転免許取得者がいなければ交通事故がなくなると考えていても良いでしょう。交通事故を起こす運転者は、初心運転者が運転経験3年以上の人と比べて3倍も高いことから、初めて免許を受ける人をカンタンに合格させることはしません。 では、学科試験で出題される内容とは?主に交通事故の原因になっていることや交通違反の多いことなどが細かく出題されています。学科試験を受けて不合格だったとき、どこを間違えたのだろう?と思うのは、警察が意図する合否を分けるポイントを知らずに細かく勉強できていない結果です。

3人に1人は不合格

あなたの勉強したところが、警察の求める合否を分ける知識と違った場合は、すでに不合格になる確率は高くなっています。学科試験の勉強方法で、不安のある人はたくさんいます。現在、本試験場の合格率は約30〜40%です。最悪3人に1人は不合格になっています。合格ラインが90点以上ということからも、カンタンに合格させないことを意味しています。

警察の出題する問題例

  • 歩行者が赤色の点滅信号や黄色の点滅信号を通行するときは、危険がなければ一時停止をせず、注意するだけでよい。
  • 解答 (クリック)
    ◯
    解説
    赤色の点滅信号のとき、車は一時停止しますが、歩行者は注意して通行します。
  • 停止中の通園バスのそばを通るときは、徐行して安全を確かめなければならないが、自転車も同じようにしなければならない。
  • 解答 (クリック)
    ◯
    解説
    車の運転者は…とあるので、当然自転車も車なので含まれます。
  • 勾配の急な上り坂の頂上付近は徐行しますが、緩やかな上り坂の頂上付近も徐行しなければならない。
  • 解答 (クリック)
    ◯
    解説
    勾配に関係なく上り坂の頂上付近は、徐行です。

*問題点

問題集を解くだけでは合否をわける重要点がわからない。 その結果、不合格になったとき「どこを間違えたのかわからない・・・」

ひっかけられるポイントは、教科書で読み飛ばす”小さなところ”です。コンピューター自動返信 無料ひっかけ問題対策レポート
全教習項目のポイントをまとめた無料レポートを公開いたしました。
(注意:レポート枚数は、A4サイズで10枚程度になります。)

  <<戻る次へ>>